メールフォーム無料相談はこちら

ホームページ制作依頼に失敗しないための基礎知識

SCROLL

公開日:2020.04.04    更新日:2021.01.07

ホームページ制作のご依頼前に、知っておくと得する予備知識

金沢のWEB制作会社

こんにちは、金沢のホームページ制作会社、ソラノデザインです。

 

今回はホームページ制作のご依頼前に知っておくと得する、ホームページ制作の予備知識をご紹介していきます。

 

 

良いホームページの為のノウハウや、制作時の前準備、必要なものリストなどについてです。

 

普段体裁上、制作会社がお客様に伝えづらいノウハウも、しっかりと本記事に掲載しています。

 

 

少しだけ文章量がありますが、わかりやすくまとめさせて頂きましたので、是非ご覧いただけたら嬉しいです。

 

ホームページ制作は、意外と時間がかかる

ホームページ制作ご依頼前に必要な「前準備」

 

ざっくりと要望を制作社に伝えたら、依頼後数日でホームページが出来上がる…..

 

というのは理想ではありますが、現実はそう簡単にいきません。

 

お打ち合わせや掲載テキストの準備、メールでのやりとり等、なにかとお客様の側でも必要な作業は多いです。

 

 

ご依頼前に必要なものNo.1は意外にも「時間」になります。

 

具体的にどういった事に時間がかかるのか見てみましょう。

 

ターゲット層を制作サイドに的確に伝える

ホームページというものは、いわば「広告」です。

 

大袈裟な例を出せば、例えばハンバーガー屋さんのチラシに、ショッキングピンクや暗い緑色が使われていたら、

 

「見る人の食欲や購買意欲をそそるチラシ」にはなりませんよね?

 

 

これはWEB上でも同じことが言えます。

 

高い費用を払って出来上がったホームページに、集客効果や広告としての効果が無いという事態は避けたいです。

 

  1. このホームページで何を閲覧者に伝えたいのか
  2. サイトの閲覧者にどういった行動をとってほしいのか
  3. ターゲット層(ペルソナ)はどういった層を狙っていくのか

 

これら3点を制作サイドとしっかり意思疎通するだけでも、ホームページのクオリティは大きく変わります。

 

ホームページは、決して安い買い物ではありません。

 

良いホームページを手に入れるため、制作サイドとのミーティングに時間を使えるよう、

 

事前にスケジュールに余裕を持たせておく事が大切です。

 

制作を急がなければならない特殊な状況でなければ、

 

ゆっくりと時間をかけて制作を進めていくことをお勧めします。

 

写真の準備がホームページの印象に大きな効果?

カメラマン

魅力的な写真を使えば使うほど、ホームページの見た目はよくなります。

 

皆さんがご想像する以上に、写真がホームページの印象に与える影響は大きいです。

 

ホームページ制作を行う上で、写真の準備方法は大きく3通りあります。

  • 無料画像サイトからダウンロードしたものを使用する
  • 「Adobe Stock」などの有料画像サイトを使う
  • カメラマンに撮影を依頼する
  • 自身で撮影したものを、制作時に加工してもらう

 

 

近年はスマートフォンのカメラの解像度も高くなってきており、

 

実際私のところにも、「事前に自前のカメラで撮影してきました」「高解像度のスマートフォンで撮影してきました」といったクライアント様は年々増えてきています。

 

「100%自分好みの写真にできる」「費用をかけずに撮影できる」などのメリットもありますし、

 

横幅1920px以上の写真を撮影できる高解像度のカメラ・スマホをお持ちの方は、

 

ご自身で事前に写真を準備されても良いかもしれません。

 

一番大切なのは、WEBサイトを立ち上げる「目的」です

SEO対策 金沢

これまで本当に沢山のホームページを作ってきましたが、

 

振り返ると、いくつか「もったいないな、損しちゃわないかな」というお客様にお会いすることもありました。

 

もちろん私たち制作者はあくまで受注側の人間です。

 

お客様のご意見を無視するわけにはいきません。

 

しかし、いくつか個人的に感じた「WEBサイト制作の失敗事例」を参考に、ホームページ制作の目的意識の大切さについて、最後にまとめようと思います。

 

失敗例01.デザインしか見ていない

金沢 ホームページリニューアル

これは業界ではあるあるなのですが、「デザインにこだわりすぎて、デザイン以外の事を全く質問してこられないお客様」にたまにお会いする事があります。

 

既に多くの知名度を誇っている、大企業様などはデザインだけに拘っても良いかもしれません。

 

所謂「ブランディング重視」といった戦略です。

 

 

しかし「集客用にホームページを作りたい」と考えているお客様には、「コンテンツファースト」というマーケティング概念をおすすめします。

 

コンテンツファーストとは、従来の「見た目」「画像の量」「配置」を最優先するデザインとは違い、

 

まず「伝えたい内容」「情報量」「文字数」を第一義とし、デザインをコンテンツ(情報)に合わせてデザインしていくという手法です。

 

 

どれだけ見栄えのよいホームページができても、ホームページを閲覧した方が、「綺麗なホームページだなあ」で終わってしまっては意味がありません。

 

どういったコンテンツや文字をどこに入れたら、閲覧者の購買意欲をくすぐれるのか。

 

そういった点に特化した制作手法が「コンテンツファースト」なんですね。

 

 

また情報やコンテンツを優先して作ったホームページは、自ずと「必要な情報が多く含まれているホームページ」になります。

 

今ご覧になっているソラノデザインのホームページもそうですね。

 

「ホームページ制作」に関する情報が多く含まれている、コンテンツファーストのサイトです。

 

 

情報が多く含まれているWEBサイトは、閲覧者様の購買意欲を促すだけでなく、

 

「検索順位の向上」にも効果があります。

 

検索順位を決めているGoogleの検索エンジンが、

 

「このページは○○に関する情報量が多いな」と判断し、関連キーワードでの検索順位を上げてくれるんですね。

 

 

こういったメリットを得るため、また失敗しないご依頼をするためにも、

 

「このホームページで何を伝えたいのか、どんな結果を得たいのか」は、できる限り具体的に、事前にお決めいただく事をおすすめしています。

 

失敗例02.理念などを掲載しすぎてしまっている

WEBサイトの理念

ビジネスを行う人にとって、「理念」というのは何よりも大切なもので、また大きなモチベーションとなるものです。

 

私もついつい、「WEB制作に携わった理由」「WEBに対する情熱」などをホームページに掲載したくなってしまいます。

 

しかしWEBマーケティングを行う上で大切なのは、

 

閲覧者の気持ち・ニーズを理解したサイト設計を行うことです。

 

 

たとえば「金沢 ホームページ制作」で検索にかかるWEBサイトを制作した場合、

 

検索した人が欲しい情報は「価格」「制作実績」「デザインの雰囲気」「費用対効果」がメインかなと予想できます。

 

それなのにトップページの主要箇所に理念を多く掲載してしまえば、

 

検索ユーザーへ「欲しい情報が乗っていない」「必要な情報までたどり着きにくい」といった印象を与えてしまい、

 

お問い合わせや売上に繋がりにくいです。

 

 

閲覧者が「何に興味を持って、このホームページを開いたのか」を正確に把握せず、

 

閲覧者が欲している情報と外れたものを掲載しすぎてしまうと、ホームページから人が離れていってしまうというわけですね。

 

もちろん、検索順位を判断するGoogleの検索エンジンは、「サイトの滞在時間」「閲覧したページ数」なども大きな評価基準にしています。

 

教育関係のサイトなどは「理念」「先生の人柄」などの情報が多く見られるので、一概には言えませんが、

 

一般的なビジネスモデルの会社様であれば、品質の良いWEBサイトを保つためにも、

 

理念などは閲覧者の離脱率が上がらない程度に、適切な量を適切な場所に掲載するのがベストかなと思います。

 

 

最後に

ここまで記事をお読みくださり、本当にありがとうございました。

今回はホームページ制作の現場から見る、ホームページ制作依頼前〜依頼時のあれこれについて書かせていただきました。

 

WEBに関するご相談・ご質問等ございましたら、

 

ご相談〜お見積もりまでは無料で行っておりますので、ご気軽にお問い合わせいただけたらと思います。

 

今後ともソラノデザインを、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

>>お問い合わせはこちらから

コンタクト CONTACT

WEB制作のご依頼はこちらから

このコラムを執筆している
ソラノデザインです
ホームページ制作をご検討中の方は
是非一度ご相談ください

Contact

まずは気軽にご相談から!

お問い合わせフォーム

石川県金沢市のホームページ制作会社

ソラノデザイン

〒920-0345
石川県金沢市藤江北4丁目395 ABOX3セパレーツ 106

営業時間: 平日10時〜19時

TEL: 076-209-0230 MAIL: sorano@kanazawa-homepage.jp プライバシーポリシーについて 会社概要