メールフォーム初めてのご相談はこちら

代表個人の来年のスケジュールに関するご報告

SCROLL

公開日:2021.11.30    更新日:2021.12.04

いつもお世話になっております。ソラノデザインの代表の角田です。

 

この度、代表である「私個人」の受託制作事業の作業可能期限を、

一旦、翌年2022年の12月31日で線引きさせていただく運びとなりました。

 

引き続きマーケティングコンサル事業やWEBサイトの設計等は続けて参ります所存ですが、

 

解決できない問題等もあり、

あくまで私個人の範疇ではございますが、

翌年末を以て、「WEBサイトの受託制作」という仕事から一旦退く運びとなりました。

 

繰り返しになりますが、

優秀なWEB制作スタッフは社内におり、今後も増員を予定しておりますが、

あくまで「私個人」がといった意義になります。

 

一口に一線から退くと申しましても、

お客様によりよいサービスのご提案ができますよう、スタッフとも相談しつつ、

お客様にとって何が1番理想的かを今後1年をかけ、よりよい退き方を慎重に検討・判断して参ります所存です。

 

 

記事の公開時誤解を招く書き方でしたので、下記に具体的な事情をご説明いたします。

 

具体的に見えてきた数年後の課題

少数精鋭で運営しているソラノデザインでも、

「毎月4件のホームページを作らなければ黒字にならない」という現実的なラインは、

当然会社としては存在しています。

ビジネスとして当然です。

 

現状のWEB制作の受託事業はうまく行っており、

これまでありがたいことに、数多くのお客様よりご依頼をいただいております。

 

しかし既存のお客様が100社を超えたあたりから、会社としては大丈夫なのですが、

私個人の時間の面では100%お客様に寄り添えるとはいえないスケジュール感になる時期もありました。

 

マーケターは私だけですし、集客に関する相談は全て私に集まってしまうなどの、

社内の属人化的事情もあったと思います。

 

 

競合他社様との差別化ポイントとして「集客力」を謳っているソラノデザインでは、

採用を行うにしても、金沢ではパイが少ないマーケティングに精通した人材が必要です。

 

 

最初はスタッフの増員で対応しようと考えていましたが、金沢には、

実際に数値で結果を出せるデジタルマーケターは母数が極端に少なく、

なおかつプログラミングやデザインの知識がある方で、

求職中となると、ほとんど見つからないというのも実情です。

 

今後さらにお客様が増えていき、なかなか追加メンバーが見つからない金沢の採用市場の影響も鑑みると、

今以上にスケジュールは過密になるでしょう。

 

実は先週、本当にご連絡が重なってしまい、

様々な電話とメール応対で1日8時間がかかってしまい、

社員の退勤後、制作を8時間する….という日が数日ありました。

 

こういう日が月に何日も存在するという未来も、

そう遠くないのではないかと、

このままでは将来まずい事になると考えました。

 

前述の通り、月に4件以上ホームページ制作を行わなければならないという事情もある中、

ひとりひとりのお客様に真摯に向き合う…という当たり前の事を、当たり前のように提供するために、

急いで何か施策を打とうと焦りました。

 

なんとかしたい。

なんとかもっとスピード感をもったサービスの提供と、

よりレベルの高いWEBサイトを提供したい。

言葉にすると陳腐ですが、経営者として、純粋にそう思っています。

 

今は力技でなんとかなっても、

2年後、お一人お一人のお客様にちゃんと真摯に向き合えるのか、

真摯なサービスを提供できるかということに、将来的な不安を感じました

 

もちろん、年齢に合わせて社員の給与も上げていきたいといった思いもあります。

 

その不安や懸念を払拭するため、

より良いキャッシュフロー作り、より良いチーム作りというのを目指し今のうちから手を打とうと思いました。

 

スケジュールに関する改善策

私自身のマーケティングスキルを活かし、「WEBサイト制作とは別の事業」で売上を立てつつ運営することで、

WEB制作のご依頼にも、「お金や時間に追われない」状況が確立されれば、

今より粒度が高いサービスを提供できると考えております。

 

既に大手WEB制作会社様や広告代理店様も、受託事業の悩みやトップライン問題を抱え、

別事業の構築を行なっています。

 

同業界の先輩方も皆そういった方向でスキームを整えています。

 

WEB制作事業はうまくいっていますが、とはいえ、今の状況にあぐらをかかず、

時代や業界を鑑み、会社として大きな動きが必要な段階です。

 

以前から意識としてはあったのですが、

今回ちゃんと事業計画と期間を立て、着手しなければいけない段階にソラノデザインも来たといった形です。

 

 

まだまだ若輩者ですが、ここ数年経営をしていて強く感じるのは、お金=時間です。

 

営業利益率にトップラインがあるWEBサイトの受託制作という事業では、

努力や従業員数で「売上」が上がっても、「営業利益率」はそう変わりません。

 

つまり、WEBサイトの受託制作だけやっていても、

「お金=時間に追われる」ことが解決する日は永遠にきませんし、

労働集約型産業のビジネスモデルでは従業員の増員=利益率の上昇ではありません。

 

そこで前述の通り、1年後、2年後、時間が経つにつれクライアント様の母数に対する対応リソースに、懸念が生まれる状態になるのではないかと危惧しております。

 

 

WEB制作以外の営業利益率高い事業、

労働集約型ではない資本集約型のビジネスモデルを社内に確立しキャッシュが今以上に回れば、

WEB制作により時間を費やせる事となり、

 

結果、「WEB制作の受託事業」において、

お客様によりよいホームページを、今以上に質の良いサービスを提供できることに直結します

 

私たちは、ただホームページを制作すれば良いという会社ではありません。

「良いホームページ」を提供することができなければいけません。

 

シンプルに申し上げますと、これからより時間に追われる未来が見えている中、

「お金に追われず、時間に追われず制作を行う」ことが再来年頃までにできないと、

どこかしらで将来、小さなトラブルどころか、大きな綻びやトラブルが生まれると考えました。

 

お客様を大切にするためにも、従業員に無理な労働を強いないためにも、ソラノデザインは変化の準備が必要な時期です。

 

ビジネスパーソンの方々はご存知の通り、参入障壁の低い業界は、

価格競争が激化し価格崩壊が起こる事は歴史が証明してくれています。

 

私自身も最初はパソコンひとつ、身一つでソラノデザインを立ち上げたくらいです。

 

 

ブランディングで単価を上げるなどもできますが、

あくまで「相場」の「1.x 倍」が限界です。

 

資本主義社会において、一企業が、業界の相場を底上げできるなど夢物語です。

 

 

これから下がっていく制作単価の相場、ありがたいことに、徐々に増えていく顧客様。

 

 

今の体制のまま今のビジネスモデルを続ければ、

数年後、潰れるほどの事はなさそうですが、時間にもお金にも余裕がなくなり、

最終的にWEBサイト制作のご依頼を頂いたお客様に迷惑をかけてしまうソラノデザインになることは目に見えています。

 

 

そんな未来を避けるため、今の段階で手を打つため、自信がありますマーケティングスキルなどを活かし、

ECサイトを開発・運営する、プロダクト開発・運営を行うなどの施策が必要だと感じております。

 

今時のスタートアップ界隈の言葉ですとpivot(ピポット)と呼ばれるような動きですね。

制作するホームページだけではなく、経営面でも高速でPDCAを回していかなければ、

長期にわたって良質なサービスを提供することはできません。

 

そのため一旦私だけでも、これから一年少しずつ空いた時間に準備を進めた上で、

来年末から少しだけお時間をいただき、

別事業を立てようと既に事業計画を立てました。

 

ソラノデザイン自体、これまで営業は一度もおこなっておらず、

WEBサイトからの集客のみで事業を継続してきました。

お客様にも「ホームページ」だけでなく「WEB集客」というバリューを提供してこれました。

 

おこがましいかもしれないですが、

私の一番の強みである、「マーケティング力があるWEBサイト・WEBアプリ制作力」を活かし、

あと1〜2年あれば、別事業で受託事業をある程度支えられるビジネスモデル・マネタイズ方法を確立する確かな自信があります。

 

何よりもお客様を基軸とした判断基準で

「WEB制作事業」を支えるために、「WEB制作事業」の粒度を高めるために、

別事業を立て、キャッシュフローを円滑にし、

お金と時間にに追われず余裕を持ってお客様にWEB制作に向き合う。

 

ITドカタと呼ばれ、ブラックになりやすいと言われるこの業界ですが、

社員の給与を減らす、残業を増やすなどの手法で解決を図らず、

今後のお客様や、今後制作するWEBサイトの完成度、また、社員の将来を考え、

お客様もスタッフも大切にすることを追求した上での判断です。

 

WEB制作事業が安定するために、新規事業のPMFにあたり様々な選択肢が生まれる可能性はあると考えています。

 

現状は増員を行い、社内にWEB制作事業部とプロダクト開発事業部を作ることでシームレスに技術スタックやキャッシュフローを最適化していけたらと思っております。

 

 

繰り返しとなりますが、

「お客様にとって最も利益のある方針で意思決定をする」事を何より第一義とし、

また、お客様はもちろん社内スタッフにとっても理解を得られます方向で、

最適な着地点の検討・判断・調整を行わせていただく所存です。

 

 

既存のお客様で、引き続きソラノデザインとお付き合いいただける方はご安心くださいますと幸いです。

 

サービスの質が下がるなどという事はありません。

 

 

お客様によりよいWEBサイト制作を提供するための事業計画ですので、

 

今以上に、より良いWEB制作を行えますよう、経営者として責任を持って、

 

制作チームの粒度とキャッシュフローを整えてまいります所存です。

 

 

現在の事業計画では、

今年〜来年末までは私も引き続きWEBの受託制作を続けつつチームを整え、新規事業の基盤を作り、

再来年の1月〜6月で新規事業の結果を出し、

計画通りに行きましたら、再来年〜3年後のどこかでWEBの受託制作に戻ってこれます見込みです。

 

最初課題の解決方法か、何がお客様にとって最適解なのか悩みに悩み、

ブランディングやMAなど、色々な選択肢が頭を巡ったのですが、

スタッフと相談し何がお客様にとって最適解か考えた結果、

現在このように考えております。

 

来年末までまだ時間もありますので、改めて、進捗をご報告させて頂けたらと存じます。

 

何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

 

ソラノデザイン合同会社

角田悠太

コンタクト CONTACT

WEB制作のご依頼はこちらから

このコラムを執筆している
ソラノデザインです
ホームページ制作をご検討中の方は
是非一度ご相談ください

Contact

まずは気軽にご相談から!

お問い合わせフォーム

石川県金沢市のホームページ制作会社

ソラノデザイン合同会社

〒920-0345
石川県金沢市藤江北4丁目395 ABOX3セパレーツ 106

営業時間: 平日10時〜19時

TEL: 076-209-0230

※現在リモートワーク推進中のため、メールにてご連絡ください

MAIL: sorano@kanazawa-homepage.jp プライバシーポリシーについて 会社概要